> >

まっぷる 古い木のもたらすやすらぎと季節感たっぷりの京料理にくつろぐ

ゆったりと流れる時間のなかで老舗割烹の味を満喫


 もとは材木店だったという建物は、貴重な木材が使われてしっかりした造り。風格を備えた店内には不思議な安心感が満ちている。 忙しいときでもゆったり時間が流れているよう」という主人も、穏やかな 人柄、料理には、春はクジやタケノコ、夏は賀茂なすやハモ、秋はマツタケやカブラ、冬はフグなど、京都の四季を存分に感じさせる食材がふんだんに使わ れる。ていねいに作られる京料理をいただき、くつろいでいるとあっという間に時間は過ぎる。
(価格等は取材時のものです)