> >

大人のウォーカー京町家の風情に包まれ、しっぽりとなべを囲む 

座敷・個室でにぎやかにフグをつつく

みこう

 
 ふぐ処理試験、いわゆるフグ調理師 の試験が最初に京都で実施されたのが 昭和25年。その年に資格を取り、以来 約半世紀、京都初のフグ調理師免許を 持つ現役料理人が、店主の今堀昭三さ ん。2代目である息子さんと共に今も 板場に立ち、下関・唐戸漁港直送の天 然フグ、京野菜、自家製ポン酢の3本 柱を昭和21年の創業から守り続ける。
 店は河原町の中心から2年前に今の 場所へ。喧騒からやや離れ、「創業か ら変わったんは店の場所くらいです わ」、と今堀さんが言うその店のたたず まいは、いかにも京都。大正末期築の 材木問屋の建物内に坪庭を眺める座 敷、掘りごたつ、京間など、昔ながら の町家そのままの風情が、食の席にし っとりとした趣を添えてくれるのだ。
 程よいくつろぎと凛とした空気、そ こで囲む鍋は、きっとひと際温かい。 20名までの宴会にも対応す る1階の座敷。京都の社寺と同 じ京唐紙の襖も情緒豊か。
奥 の坪庭は、夜になると柔らか な明かりに照らされる。和モ ダンな掘りごたつ式の席は、 気の合う仲間と利用したい。
京菊菜、引き上げ湯 葉など京都ならではの 具が入るてっちり(手 前)、生で食べられる 白子が添えられるてっ さ(奥右)、ふぐゆびき (奥左)。てっちリセツ・ トはこれに雑炊とデザ ートが付き9000円。ふ ぐのから揚げには、酒 との相性もいい皮の唐 揚げという珍品も添え られる。てっちリセッ 卜に唐揚げが付くふぐ からコースは1万500円。
材木問屋時代そのままの雰囲気が今 に生きる土間で靴を脱ぎ、奥へ。建具 のしつらえも歴史を感じさせる。
おそ らく京都で最も古いであろうフグ調理 師は、フグのさばき方も、その早さも “お見事"のひと言に尽きる
(価格等は取材時のものです)