町家点心

> >

かぶら蒸し2016/10/1

冬の京野菜・聖護院かぶら

冬の京野菜・聖護院かぶらの甘味


関東では蕪は『かぶ』ですが、京都では『かぶら』と呼びます。
京野菜の聖護院かぶらは千枚漬けの材料として有名で、他にも京小蕪や近江かぶらもありますが、やはり甘味やきめの細かい点で聖護院には及びません。
丹後産赤甘鯛、銀杏、シメジをおろし蕪でかぶせ蒸して、銀餡、天山葵で召し上がっていただきます。あつあつが身上です。聖護院蕪が市中に出回るようになると京都の冬も真近です。